※検索でこのページへ来られた方は、こちらをクリックして最初のページへどうぞ
<受講科目と講師のプロフィール>


ピアノ(ソロ、ピアノ伴奏法、室内楽)
Prof. Dr. Gabriel Cervone (ガブリエル・ チェルヴォーネ)
ドイツの名門、ハンブルグ国立音楽大学ピアノ教授。ヨーロッパ諸国での数々の演奏会開催。演奏の傍ら、音楽学者(Dr.)としての研究多数(主なものにシューベルト初期ソナタ研究)。ソニー、ドイツ・グラムフォン、デッカ等大レコード会社専属クラシック音楽部門アカデミー研究顧問、各会社の音楽関係執筆多数。自身の深い知識に支えられた丁寧な指導力には、定評がある。

Prof. Andreas Stier (アンドレアス・スティアー)
ドイツの名門、ハンブルグ国立音楽大学ピアノ教授。幼少時代に韓国で育ち、ソウル芸術院卒業。ハンブルグ大学にて中国学を修め、その後、ハンブルグ国立音楽大学ピアノ科卒業。31歳で母校の教授就任以来、長年教鞭を執っている。ピアニストとして、ソロ、室内楽共に世界中、特にアジアで多数の演奏活動をしてきた。長い豊かな文化経験による音楽教育は、名教師として特筆されるものがある。

Prof. Brigitte Ahringsmann (ブリギッテ・アーリングスマン)
ハンブルグ生まれのドイツ人名ピアニスト、名ピアノ教師。ハンブルグ国立音楽大学及び大学院卒業。パリ、エコール・ノルマルにてアルフレッド・コルトーに学び、ルーザンヌ管弦楽団と協奏曲演奏を皮切りに、インターナショナルな演奏家としてのキャリアを築く。今世紀のドイツピアノ巨匠Prof.ハンゼンの助手を経て、ハンブルグ国立音楽大学教授を30年以上勤める。数々の名ピアニストを育成、輩出。

Elena Sukmanova (エレーナ・スクマノヴァ)
ロシア生まれ。サンクト・ぺテルブルグの青少年音楽学校卒業後、サンクト・ぺテルブルグ国立音楽院にて、ピアノ・ソロ、室内楽、伴奏を学び首席卒業。同校大学院ピアノ科終了。在学中より、ロシア各地で演奏活動。サンクト・ぺテルブルグ・フィルハーモニーのソリストに迎えられる。ロシア国内やドイツ・ブラームス国際音楽コンクール入賞。全ドイツ音楽コンクール等の公式ピアニスト。Brahms Konservatorium講師。

Alan Newcombe (アラン・ニューカム)
英国人。ピアニスト、音楽学者・評論家。少年時代すでに英国にてオーケストラと共演する。オックスフォード大学(英国)大学院卒業。その後、LondonのTorinity音楽大学にてピアノソロと伴奏のディプロマ取得し卒業。1985年からハンブルグ在住、室内楽中心に演奏活動続ける。世界最大のドイチェ・グラムフォンよりCD出す。同社のクラッシック音楽部門レパートリーマネージャーとして活躍。


声楽 (発声法、リート、オペラ)
Prof. Anthony Roden (アントニー・ローダン)
オーストリア出身の世界的なテノール。ロンドンの英国ロイヤルオペラの花形であり、ほぼ世界中の大歌劇場に客演している。世界の大指揮者とのオーケストラ共演、BBC録音など多数。教育者としては英国王立ノーザーン音楽大学教授に歴任し、各種国際声楽コンクール審査員、プロの歌手たちのボイストレーナーとして著名。
HP:http://anthonyroden.com/

Prof. Renate Behle (レナーテ・ベーレ)
元ハンブルグ国立音楽大学声楽学科主任教授。ドラマティック・ソプラノ。ミラノ・スカラ座等世界中の主要大歌劇場及び、ザルツブルグ音楽祭など主要音楽祭の常連出演プリマ・ドンナ。その卓越した歌唱は、オペラならず、歌曲でも実力を発揮。名歌手を育て、各歌劇場へ送り出している。若い歌手達を温かく援助、熱心な教育者でもある。
HP: http://www.renatebehle.de/

Mark Bruce (マーク・ブルース)
USAアメリカの東大と言われるイエール大学ドイツ哲学科卒業、ニューヨーク出身。ハンブルグ・コンセルヴァトリウム声楽学部長、ハンブルグ国立オペラバス歌手。実際の舞台を踏む日常の経験より様々なアドヴァイス、深い教養に裏打ちされた多様な音楽的知識、わかりやすい指導法に定評がある。ハンブルグ国立オペラハウスでの個人レッスン、貴重な体験を持つ事が出来る。

Matthias Minnich (マティアス・ミニヒ)
ドイツ国立ハノーバー音楽大学講師。ドイツ人バリトン歌手。最初音楽学を修めた後、ドイツ国立デトモルト音楽大学で声楽を学び、卒業と同時にデトモルト国立オペラ劇場にてデビュー。オペラのみならず、その知的な歌唱には、リート、古典音楽の演奏にもすぐれた能力を発揮、世界的なイタリア・フェニーチェ劇場等欧州各地のオペラ劇場に出演。

Drothea Stamova (ドロテア・スタモヴァ)
元リューベック国立歌劇場専属コントラアルト歌手。ブルガリアに生まれる。当地で国立音楽院卒業後、オペラ歌手としてオペラ歌劇場で活躍、同時に宗教曲のスペシャリストとして、数々の大教会でソリストを務める。その後ドイツへ移住、各地の歌劇場演奏、歌曲や宗教音楽の演奏会にも多々出演。後進の育成に尽くし、数々の生徒をコンクールに入賞させ、教師としても力を発揮する。

Yukako Margaritoff (マルガリトフ・由加子)
メゾソプラノ。大阪教育大学大学院及びイタリア国立ボローニャ音楽大学大学院声楽学科修了、イタリア国家歌手証授与。ソフィア国立歌劇場、ラジオ、テレビ多数出演。「シュレスヴィヒ・ホルシュタイン国際音楽祭」(ドイツ)をはじめとする多数の演奏会、ヨーロッパと北米各地にて実力派インターナショナル歌手として活躍。近年ロンドンにて、今世紀の巨匠Dr.Stepehn Prestonとのデュオ演奏会の成功により、世界的賞を授与される。ハンブルグ音楽大学(コンセルヴァトリウム)客員講師歴任。


トランペット
Prof. Eckhard Schmidt (エックハルト・シュミット)
元ベルリンフィルメンバー、現在ハンブルグ国立音楽大学教授、及びハンブルグ国立歌劇場オーケストラメンバー。シュトゥットガルト出身。ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学卒業。自身は、ヨーロッパ各地のオーケストラに迎えられ世界的に著名な指揮者と多数の共演を重ねてきた。長年にわたり、世界的に有名なシュトゥットガルト・バッハアカデミーで指導。豊かな経験で名演奏家を育ててきた。

Andrzej Balsam (アンジェイ・バルサム)
ポーランド人。ブラームス音楽大学(コンセルヴァトリウム)トランペット学科主任。ヨーロッパ有数のトランペット教育者Professor Stefan Hadry の高弟子として、深く研鑽を積む。これが、後年、彼を優れたトランペット教育者にする元となった。 ポーランド国立放送交響楽団を経て、ドイツへ活動の本拠を移す。北ドイツ中心に種々の演奏活動。トランペット演奏の本質、「自分の言葉で演奏するのはどうするのか(Prof.Hadryの教育根本=ヨーロッパの音楽の原点)」に着眼点を置いて指導している。多数の名トランペット奏者を輩出している。


クラリネット
Prof. Guido Mueller (グイド・ミュラー)
ハンブルグ国立音楽大学クラリネット学科教授、ハンブルグ青少年の為の国立音楽学校クラリネット及び室内楽学科講師。若い奏者からプロまで、幅広くフレキシブルな教授で教育者として高名。暖かく行き届いた生徒の交流、特に後進の指導に力を入れている。

Vitaliy Zolotonosov (ヴィタリ―・ツォロトノソフ)
ブラ―ムス音楽大学(コンセルヴァトリウム)クラリネット学科主任。ロシア人。ドニエツク国立音楽院首席卒業。西ヨーロッパに出て、フィルハーモニー交響楽団の首席クラリネット奏者を14年間勤める。オーケストラの他に1991年より、著名なブラスアンサンブル „Ot-Azoy“結成して、ヨーロッパ各地で活動。暖かい、熱心な指導は、多数のすばらしいクラリネット奏者を育ててきた。


ホルン
Prof. Ab Koster (アプ・コスター)
オランダ生まれの世界一と言われるホルンの巨匠。現在、ドイツ国立ハンブルグ音楽大学ホルン主任教授。及びオランダ王立ハーグ音楽大学教授。自身は著名な演奏家、かつ、教授としても優秀、多数の名奏者を育ててきた。1977年より13年間ドイツの著名オーケストラ北ドイツ放送交響団で首席奏者を務める。ソロ奏者、室内楽奏者として、国際的に多くの招聘があり高い評価を受けている。

Ivan Yefimov (イヴァン・エフィモフ)
ロシア人。オデッサ国立音楽大学卒業。ロシアの名門キエフ国立交響楽団を経て、ドイツ国立シュトットガルト音楽大学大学院修了。チューリン交響楽団とホーフ交響楽正式契約首席ホルン奏者、その他多数のドイツのオーケストラで演奏。ヨーロッパ国内での、沢山のプロジェクトやマスターコース開催。後進の指導も熱心で、ハンブルグのブラームス音楽大学(コンセルヴァトリウム)ホルン学科主任として教授活動。現在リューネブルク交響楽団首席ソロ・ホルン奏者。


ヴァイオリン
Stephan Wagner (ステファン・ワーグナー)
1962年アウグスブルク生まれ。ミュンヘン国立音楽大学卒業後、アメリカ・ヒューストンとアムステルダムで研鑽を積む。世界的な各コンクールにて多数入賞後、シュトゥットガルト交響楽団のコンサートマスターを経て、現在は、北ドイツ放送交響楽団第一ヴァイオリンコンサートマスターとして、ドイツ催行峰のオーケストラの一つで活躍。世界中にて、ヴァイオリンソリストとして、協奏曲、演奏会、マスタークラスで招聘されている。


ヴィオラ
Prof. Jaab Zeijl (ヤープ・ツァイール)
ドイツ国立フライブルグ音楽大学卒業。1978年よりハンブルグフィルハーモニービオラ奏者、その後、ドイツ第二の名オーケストラ北ドイツ放送交響楽団(NDR)ビオラ首席奏者を長年勤める。ドイツ国立ハノーヴァ―音楽大学とハンブルグ音楽大学のビオラ教授歴任。現在世界中で教授活動をするヴィオラ教師。豊かな経験を元に、大きな視野にたった指導には、定評があり、優秀なヴィオラ奏者を輩出している。

Anator Yalosh (アナトール・ヤーロッシュ)
故郷のロシア、キエフのロシア国立リセンコ音楽大学ヴィオラ学科卒業。学生時代より活躍。ポーランドの 主要オーケストラ勤務後、ロシアの名門キエフオペラ劇場オーケストラ勤務。その後ドイツに移住、2001年よりハンブルグのクラシックフィルハーモニーのヴィオラ首席奏者。現在ブラームス コンセルヴァトリウムのヴィオラ主任として教授活動。忍耐と暖かな指導は多数のよいヴィオラ奏者を生み出している。


オーボエ
Thomas Rohde (トーマス・ローデ)
ドイツ人名オーボエ奏者、教師。20歳にしてドイツ・マンハイム国立劇場にて首席オーボエ奏者を務め、1988年より現在に至りハンブルク州立歌劇場管弦楽団首席オーボエ奏者。小沢征爾指揮の斉藤記念オーケストラでも演奏。バイエルン国立劇場、ベルリンオペラ、ドイツオペラ、ミュンヘンシンフォニカ、その他放送局などにて、世界的に有名な指揮者、ズービン・メーター、ロリン・マゼール、ジェームズ・レヴァイン、エッシェンバッハらと共演。世界中でマイスターコースを行い、後進の指導にも力を入れている。


フルート
Prof. Jurgen Franz (ユルゲン・フランツ)
現在ハンブルグ国立音楽大学主任教授、北ドイツ放送交響楽団首席奏者。ジェームス・ゴールウエイの高弟子。現在北ドイツ交響楽団首席フルート奏者。ソリストとしては、スカラ座管弦楽団&リッカルド・ムーティ、ロストロポーヴィチ、ベルリンフィル&クラウディオ・アッバード、マリス・ヤンソン、ハイティング、サイモン・ラトル、バレンボエム、ズービンメータ等最高峰の指揮者と共演。ヨーロッパのフルート界スターとして、マスタークラス、ソロ、室内楽、レクチャー等情熱をそそぐ。熱心で優秀な教師でもある。
HP: http://www.juergenfranz.com/

Susanne Barner (スザンネ・バーナー)
ドイツ人。フルート界の巨匠、オーレル・ニコレの愛弟子。フランクフルト放送交響楽団を経て、現在ハンブルグの名門オーケストラ、ハンブルグ・シンフォニカ交響楽団首席奏者。ハンブルグ・コンセルヴァトリウム音楽大学フルート講師歴任。オーケストラ活動の他に室内楽や自身のソロ活動も活発に行っている。数々のヨーロッパ(ドイツ中心)の名指揮者との共演は多数。CD録音やラジオ録音(NDR北ドイツ放送交響楽団、Hessenヘッセン放送、WDRライン放送)にも活躍。

Marc Sobolewski (マーク・ソボレフスキー)
ドイツ人。ドイツ国立ハンブルグ音楽大学卒業。 オーケストラフルートソロとフルート教育両方のディプロマ取得。その後、ゲラ(Jean-Claude Gérard)等巨匠の元で研鑽を積む。後進の育成にも大変力を注ぎ、その暖かく広い視野にたった指導法には定評があり。多数のすばらしいフルート奏者を育ててきた。現在ブラームス音楽大学(コンセルヴァトリウム)フルート科主任。


※注意;
 1、各学科、上記以外にも他に講師がおります。
 2、稀に先生のご都合で講師とレッスンの時間配分が変更になる可能性がございますので、ご了承下さい。

検索でこのページへ来られた方は、こちらをクリックして最初のページへどうぞ