J. A. ペーター=シュルツ 「夕べの歌」〜月が昇り〜
〜Der Mond ist aufgegangen〜
160kbps:MP3フォーマット


『信州の名月』-長野県南佐久郡南相木村三川にて撮影-
 


              録音:2012年冬 M.M.STUDIOにて
              演奏:Tenor/沖野孝頼(公社)日本演奏連盟会員、(公財)東京二期会準会員、東京ドイツリート演奏研究所監査役
              伴奏:MARINEFIELD NEW ELEC.ORCHESTRA


Der Mond ist aufgegangen,
Die goldnen Sternlein prangen
Am Himmel hell und klar;
Der Wald steht schwarz und scweiget,
Und aus den Wiesen steiget
Der weiße Nebel wunderbar.

Wie ist die Welt so stille,
Und in der Dämmrung Hülle
So traulich und so hold!
Als eine stille Kammer,
Wo ihr des Tages Jammer
Verschlafen und vergessen sollt.

Seht ihr den Mond dort stehen?-
Er ist nur halb zu sehen,
Und ist doch rund und schön!
So sind wohl manche Sachen,
Die wir getrost belachen,
Weil unsre Augen sie nicht sehn.

<だいたいの訳>
月が昇り
金色の星が光り輝く
夕焼けの空に明るく澄んで
森は暗く沈黙し
そして草原から立ちのぼる、
白い霧が 不思議なことに

なんととても静かな世界だろう
そして夕暮れのヴェールの中
何と心地よく、何とやさしいことだろう!
ひとつの静かな小部屋のごとく
あなたたちのこの日の苦難を
取り除き 忘れさせてくれる

見よ あの月を
それは半分だけ見えている
そして それは丸くて美しい!
多くの事柄もそのようだ
わたしたちは敢然と嘲笑する
それらがわたしたちの目に見えることがないだけに
(沖野孝頼・訳)



<警告>:このページに掲載の演奏については、MARINEFIELD MUSIC STUDIO管理人以外の者が不許可にて当サイトからの録音、ダウンロード、そして利益を得るようなご使用などの行為を禁じます。

                         このページの無断転載を禁じます